マックス・ハーベスト社と契約しているトップクラスの日本人ガイドから現地の最新情報をお届けします


by maxguid
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2010年世界フィギュアスケート選手権

c0226627_17374277.jpg

国際スケート連盟の主催による
世界フィギュアスケート選手権の2009-2010年シーズンで、
シニアクラスの男女シングル、ペア、アイスダンス種目など、
2010年3月22日から3月28日までイタリア・トリノのパラベラで開催されました。
1896年に第1回大会が開催されて以来、100回目の大会です。

会場のトリノパラベラは、トリノ・オリンピックでのフィギュアスケート競技会場。
2006年の五輪では、フィギュアスケートとショートトラックスピードスケートが行なわれ、
荒川静香さんが、日本人初のフィギュアスケート金メダルを獲得した舞台です。

会場の外観はヨットの帆「VELA」をイメージさせるフォームで作られ、
トリノ中心街から来るまで20分ほど南へ移動したところに位置しています。

c0226627_17402040.jpg

1961年に完成したPALAVELAは、
1969年のイギリス映画「ミニミニ大作戦」(ITALIAN JOB)でも使用され、
警察の車とカーチェイスをした際に、
車でこの建物の屋根に上っていくというシーンでも有名です。
http://www.youtube.com/watch?v=j0nXDOr1r6A

その後、2003年からオリンピックに向けて改築され、
スケート会場としてはおよそ8000人、
バスケット・ボールの試合では9000人の収容が可能になりました。

c0226627_1739236.jpg

観客の入場口は西口または南口となり、
チケットをチラ見するくらいのゆるいチェック体制で、
試合を見に行くというよりも、コンサートでも行くような雰囲気です。

それもそのはず、男子SP、FSの会場内は大半が女性でした。
サッカーの試合とは違うわけです…。

ちょっとシート間の狭いベンチシートに座ると、
会場内の異常な暖房の強さに驚かされ、
氷の表面が柔らかくなるのではないかと、
素人考えで心配してしまいました。

私はイタリア滞在が15年になりますが、
初めて生で日本の国歌を聞くことになりました。
何だかとても不思議な感じです…。

表彰式の後、会場を後にするとき、
イタリア人の観客から「おめでとう!」「すごく良かったよ!」
という温かい言葉をまわりからかけられ、
別に…私が試合に出たわけではなく、
「ボーっと」見ていただけなんですけど…、と最初は思っていましたが、
だんだんとまるで自分のことのように嬉しくなってしまいました。

「喜びをみんなで分かち合う」というイタリアの考え、
温かいイタリアの観客に心から感謝したいと思います。

c0226627_17445756.jpg
川倉 靖
[PR]
by maxguid | 2010-04-07 17:47 | 川倉靖さんの記事