マックス・ハーベスト社と契約しているトップクラスの日本人ガイドから現地の最新情報をお届けします


by maxguid
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 2 )

世界三大運河と言えば?
バルト海と北海を結ぶ「キール運河」、
地中海と紅海を結ぶ「スエズ運河」、
太平洋と大西洋を結ぶ「パナマ運河」ですが、

では、ミラノの三大運河は、
「グランデ運河」「パヴェーゼ運河」に加え、
「マルテザーナ運河」が歴史的に重要とされています。

前者、二大運河は現在も当時の面影を残し、
またレストラン、ギャラリー、月末の骨董市などでも、
ミラノ市民のみならず観光で訪れる方もいます。

このマルテザーナ運河、
現在も市内を流れているにも関わらず、
大部分がコンクリートで覆われてしまっているのが現状です。

市内は、どこを流れているのか?
実は、マックスハーベスト社のオフィスの前を流れていました。
c0226627_3551367.jpg

c0226627_1564160.jpg

覆われる前の画像を見ると、教会の脇を運河が流れています。
その対岸が現在のマックスハーベスト社。

さて、マルテザーナ運河に関することが記述されている最古の文書は、
1443年にまで遡るとも言われています。
そしてこの運河の建築が始まったのは1457年、
レオナルド・ダ・ヴィンチが当時5歳の時でした。

その頃の彼は生まれ故郷の大自然の中で育ち、水と戯れ、
当然、水の動きに関しても興味を持っていたことでしょう。

マルテザーナ運河を建築するための都市計画は、
ミラノで大流行した「ペスト」が原因だったそうです。
30万人の人口のうち、5万人もの死者を出した「ペスト」。
運河をいかに清潔に保ち、下水道の整備、雨水の流れなど、
抜本的な構造改革が必要となっていました。

ミラノで1492年(ちなみにアメリカ大陸発見の年)に、
レオナルド・ダ・ヴィンチは水に関する論文を書き、
その成果が認められて、翌年、運河の設計監督になりました。
c0226627_3572976.jpg

c0226627_358114.jpg

彼の感じた水の美しさ、または、水の恐ろしさ。
目に見えない水の流れ…。

常に水を意識した彼の芸術の原点はここから始まるのではないでしょうか?


ミラノ・川倉靖
[PR]
by maxguid | 2012-01-27 04:23
北イタリアの湖水地方はロマネスク教会の宝庫である。

「グラヴェドーナで観光通訳」を依頼されたとき、正直「どこ?」と思った。
レッコからスタートして、ベッラーノ、グラヴェドーナ、ピオーナと周る、
私にとっては未開の地、謎のルートを巡ることとなりました。

c0226627_3442078.jpg


季節は6月の中旬だったのですが、
暑くもなく寒くもなく、さわやかな気候の湖水地方で、
遊覧船に乗ってグラヴェドーナまでの移動は、
湖畔に立ち並ぶ小さな教会を見ながら、
また、船内のレストランで食事を取りながら、バールでお茶をしながら、
たくさんの方がそれぞれの楽しみ方を堪能していました。

私のお客様を見ると、爆睡しています。
すっかり、舟を漕いでいます。

船の上で、舟を漕ぐ。
言葉の上では間違いではないのですが、
「せっかくの景色を…」と思ってしまいました。

しかし、これは例えるなら、
マッサージをしてもらいながら、つい爆睡してしまう状況と同じかもしれません。
うとうとする私に対して、マッサージしてくれる人はこう思っているでしょう。
「せっかくツボを押してるのに…」と。

おそらく船上から眺める湖畔の景色は、
お客様にとってまさに「ツボ」だったのでしょう。

c0226627_3451492.jpg


まず、都会とは空気が異なります。
大自然のなかにひっそり建つロマネスク教会は、自然と宗教の調和。
水と緑…。

ここには多くの「癒し」がありました。

少ない日程にたくさん詰め込むのも「旅」のかたち。
ゆったりとした景色の中で安らぎを求めるのも「旅」のかたち。

さまざまな旅のスタイルを乗せて、
船はグラヴェドーナに到着しました。


ミラノ 川倉 靖
c0226627_637264.jpg
[PR]
by maxguid | 2010-11-13 03:47