マックス・ハーベスト社と契約しているトップクラスの日本人ガイドから現地の最新情報をお届けします


by maxguid
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

コブシとレオナルド

c0226627_5192252.jpg


サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の回廊のコブシ、満開です。
毎年このコブシを見ると、春だな~、って思います。
イタリア語では、magnolia stellata (マニョーリア・ステッラータ)、星のマグノリア。
つぼみが開く直前の形が赤ちゃんの握り拳に似ているから、日本語ではコブシというみたいです。
来年は、赤ちゃんの握り拳状態の時に写真を撮ってみよう。。。


c0226627_5212684.jpg
c0226627_5215871.jpg



このお兄さんは、物思いに耽りながら(?)、スケッチしています。
c0226627_5224140.jpg



レオナルドも、このコブシを眺めながら(彼の時代にこのコブシの木がここにあったかは甚だ疑問ではありますが)、いろいろと考え事をしたのかしら・・・。
いろいろと、思い巡らしたのかしら・・・。

そんなレオナルドの頭の中を垣間見ることができる、展覧会開催中です。

レオナルドが膨大な手稿を残したのは有名な話。
現在は約8000ページが世界各地で保存されているといいます。
そのうちの1119ページがミラノのアンブロジアーナ図書館所蔵の『アトランティコ手稿』。その全てが去年から2015年までの間、アンブロジアーナ図書館とサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会のブラマンテ設計の聖具室にて公開されています。
3ヶ月ごとにテーマを変えての展示となっており、6月6日までは、建築家・祝祭演出家・デザイナーとしてのレオナルドにスポットを当ててあります。

でも、彼の頭の中を垣間見せてもらっても、私には、彼を理解することは到底無理です。
彼の直筆の手稿を間近で見るわけですから、彼に近づけるような気がするのですが、実際は全く逆です。益々彼は遠くなってしまいました。っというか、より崇高なものになってしまいました。理解しよう、なんてそんな大それたことは、思わなくなりました。


ここサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の聖具室は、8:30~19:00、月曜お休み。
入場料は10ユーロ、イヤホンガイドは1ユーロ(日本語あり)。
c0226627_5355553.jpg


とっても人懐っこい係りのおじさん。
c0226627_5362677.jpg



ちなみに、アンブロジアーナ図書館は、9:00~19:00、月曜お休み、入場料は15ユーロ。
両方見ることができる共通チケットは、20ユーロです。


ミラノ
田中利江子
[PR]
by maxguid | 2010-03-30 05:41 | 田中利江子さんの記事

ミラノのローマ

ビジネスの街、ファッションの街、デザインの街、ミラノ。

c0226627_4122847.jpg

ドゥオモ広場の近くにあるインフォメーションセンター内。おしゃれな休憩室になっています。
ガラスの床の下は、ローマ時代の遺跡です。まさに、現代と古代の融合です。
「デザインの『ミラノ』」と「『ローマ』帝国時代」の融合です。

他のイタリアの街に比べると、新しい街並みのミラノですが、歴史は非常に古く、紀元前6世紀頃にケルト人が築いた街が元になっていると言われています。
紀元前222年にはローマ人によって征服され、3世紀の終わり頃から5世紀の初めまでは、西ローマ帝国の首都でした。

近代的な街並みの中に、こっそりとローマ時代の遺跡があったりするのです。
ドゥオモ周辺にある無料で見ることができる遺跡をご紹介します。


c0226627_4173085.jpg

メトロ1号線 ドゥオモ駅内。ローマ時代の主要な道路です。



c0226627_4182782.jpg

これもドゥオモ駅の中。4世紀のサンタ・テクラ聖堂の床モザイク。



c0226627_4191338.jpg

ドゥオモ広場。この写真の右側にドゥオモのファサード、左上にアーケードの入り口があります。
地面(コンクリートなのに地面というのかしら?)に薄く曲線が描かれているのがお分かりでしょうか…? これは、真下にある4世紀のサン・ジョヴァンニ・アッレ・フォンティ洗礼堂を示しています。



c0226627_4211085.jpg

4世紀のサント・ステファノ・アッレ・フォンティ洗礼堂。
ドゥオモの屋根に昇るエレベーター用の入り口近く、階段を降りたところ。



c0226627_4222736.jpg

メトロ3号線、ミッソーリ駅内。ローマ時代の下水道管の遺構です。うっすらと私が映っているのが気持ち悪い。。。



c0226627_4233314.jpg

ショッピングストリートである、ヴィットリオ・エマヌエーレ2世大通りにあるローマ時代の彫刻で、ミラノっ子は『石男』と呼んでいます。この場所に設置されたのは20世紀の半ば。
ラテン語で「他人を批評するには、まず自分が完璧な人間でなければならない」というようなことが書いてあるそうです。
オーストリア・ハプスブルクの時代には、人々が政府に対する風刺、皮肉、を書いた紙をこの彫刻の下に貼ったといいます。



c0226627_4255866.jpg

ヴィっトリオ・エマヌエーレ2世大通りを少し入ったところにある、ローマ時代のテルメ(公衆浴場)の遺構。14500㎡という大きな施設だったようです。




他にもたくさんのローマ時代の遺跡が残るミラノ。
ミラノにお越しの際には、皆さんも是非とも探してみて下さいね。


ミラノ
田中利江子
[PR]
by maxguid | 2010-03-24 04:33 | 田中利江子さんの記事