マックス・ハーベスト社と契約しているトップクラスの日本人ガイドから現地の最新情報をお届けします


by maxguid
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ベルンのクリスマスマーケット の続き

2日目は、高台から世界遺産の街並みを眺めようと、バスにてローズガーデンへ。
シーズンオフなので、もちろん薔薇は咲いてませんが、眺めはGOOD。
ちょっと曇りがちなのが残念といえば残念でしたが。。。
c0226627_242569.jpg


素敵なご夫婦がお散歩中です。
c0226627_2154850.jpg


徒歩で下へ行き、クマ公園へ。
これは、クマさんの昔のおうちの外観。
c0226627_2172531.jpg


今は、小さなお土産やさんになってます。
c0226627_21756100.jpg


下にクマさんの新居ができていて、現在は一組クマさんカップルが住んでるそうです。
残念なことに、今朝はご機嫌が悪いのか、外に出てきてくれません。。
また、午後に来てみよう、っと。
c0226627_22396.jpg


お昼まで街をぶらぶら。

普通の住宅の地下倉庫の扉。有事にはシェルターにもなるという。
c0226627_229218.jpg


メインストリートにある建物の地下倉庫は、お店や画廊となっているところが殆ど。
c0226627_231617.jpg


日曜日なので、お店はお休み。ベルンにはこうやってアーケードが全長約6kmもあるので、雨の日も傘なしでお買い物が楽しめます。
c0226627_234554.jpg


野外チェスを楽しむ人々。
c0226627_2352252.jpg


メリーゴーランド。
c0226627_236152.jpg


さあ、お昼です。
今日は、名物のレシュティと呼ばれるポテト料理。見た目は、昨日のディナーと似てますが、全くの別物です。これも美味しかったわあ。例のごとく、ワインは欠かせません。
c0226627_2374160.jpg


午後は、芸術。ベルン近郊で生まれた国際的に有名な抽象画家、クレーの作品を集めたパウル・クレー・センターへバスでお出かけ。レンツォ・ピアーノ設計の建物を見るだけでも、充分価値ありです。
c0226627_2484051.jpg


館内は写真撮影ができなかったので、絵葉書でご紹介。

この作品のタイトルは、お花畑がどうの…、だったような。。。
c0226627_2575470.jpg


この作品は、南イタリアのどこかの街の風景。
c0226627_451031.jpg


そして、これは、引っ張っていくものと引っ張られていくもの…、というタイトルだったような気がする。
c0226627_46247.jpg


作品はどれも素晴らしく、画家が何を描きたかったのかを考えながら一点一点鑑賞していくと、何時間あっても足りません。本当に見事な美術館でした。

これは、レンツォ・ピアーノとパウル・クレーのコラボ。
c0226627_32214.jpg



街へ戻って、再度クマ公園へ。でも、やっぱりクマさんは出てきてくれない。。。

再び、散策を続けます。

何故か、綱渡りに挑戦している人。
c0226627_3253757.jpg


やっぱり素敵、旧市街の家々。
c0226627_3262131.jpg


クリスマスの歌を歌う人々。
c0226627_3271520.jpg


もう夕方、最後にもう一度、ヴァイゼンハウス広場のクリスマスマーケットへ。

とうとう、飲みましたー、グリューワイン。
体が温まって、いい気分。

そして、駅へ。
18時35分の列車でミラノに戻ります。
c0226627_3294038.jpg


一時間程列車は遅れたけど、22時半過ぎに無事ミラノ中央駅に到着。

「あーあ、これで私達の週末も終わり。でも、ほ~んとに楽しい週末だったわねー。また明日から一週間頑張ろうね。」
って、イタリア人の声。

そう、ミラノっ子たちも週末スイスへお出かけ。
そういえば、行きに見たような顔の人々が結構いたような。。。


ミラノ 田中利江子
[PR]
by maxguid | 2009-12-01 04:16 | 田中利江子さんの記事